白き花の姫王 ヴァジュラの剣

シロキハナノオオキミヴァジュラノツルギ
  • 電子あり
白き花の姫王 ヴァジュラの剣
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

舞台は奈良時代。両親を失い、話すことのできなくなった音琴姫王(おとのことのおおきみ)が、天皇を籠絡しようとする勢力と闘う物語。
目の前で父を殺され、記憶を失った、音琴。
日に日に怪しくなる内裏の動き。
白い花の咲く丘で出会った男性が、音琴の世界を変えていく。
天竺(インド)から来た高僧ヴァジュラらと力を合わせて、
父が命を賭けて守ろうとした滅びの剣を取り戻す。
新たなお伽噺が、幕を開けるーー!
対象年齢:小学校高学年~中学生

製品情報

製品名 白き花の姫王 ヴァジュラの剣
著者名 著:みなと 菫
発売日 2020年09月17日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-520704-8
判型 四六
ページ数 258ページ

著者紹介

著:みなと 菫(ミナト スミレ)

1994年東京生まれ。第56回講談社児童文学新人賞佳作を受賞。デビュー作「夜露姫」はNHKラジオドラマ化された。他に「龍にたずねよ」(以上、講談社)がある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る