翼竜館の宝石商人

講談社文庫
ヨクリュウカンノホウセキショウニン
  • 電子あり
翼竜館の宝石商人
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

2018年 Apple ベストミステリー!!

疫病と洪水の恐怖が迫る街。
死んだはずの宝石商が
二重密室に蘇る。

レンブラント vs. 謎のペスト医師。


「さっきお前は男は内科医だと言ったな? 
顔を見せようとしなかった、とも」
「はい。鍔広の帽子と顔にかかるくらい襟の高い服をお召しで、
その方は仕事柄あまり人に顔を見せたがらないと
いうようなことをおっしゃっていました」
「ペスト医師だ」


画家レンブラントのもとにやってきた、ある宝石商からの急ぎの使い。父の代理でその館を訪れたティトゥスは、憔悴しきった宝石商と会うが、宝石商はその夜ペストで命を落とす。そこに現れた瓜二つの男――。蘇った死者。二重密室。疫病と洪水の恐怖が迫る十七世紀アムステルダムで謎が謎を呼ぶ傑作ミステリー。

製品情報

製品名 翼竜館の宝石商人
著者名 著:高野 史緒
発売日 2020年10月15日
価格 定価 : 本体700円(税別)
ISBN 978-4-06-520698-0
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2018年8月、小社より単行本として刊行されました。

著者紹介

著:高野 史緒(タカノ フミオ)

1966年茨城県生まれ。茨城大学卒業。
お茶の水女子大学人文科学研究科修士課程修了。
1995年、第6回日本ファンタジーノベル大賞最終候補作『ムジカ・マキーナ』でデビュー。著書に『アイオーン』、『赤い星』など。編書に『時間はだれも待ってくれない 21世紀東欧SF・ファンタスチカ傑作集』(東京創元社)がある。2012年、『カラマーゾフの妹』で第58回江戸川乱歩賞を受賞。ほかの著書に『大天使はミモザの香り』などがある。

オンライン書店で見る