到達不能極

講談社文庫
トウタツフノウキョク
  • 電子あり
到達不能極
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

+ もっとみる

製品情報

製品名 到達不能極
著者名 著:斉藤 詠一
発売日 2020年12月15日
価格 定価:924円(本体840円)
ISBN 978-4-06-522096-2
判型 A6
ページ数 448ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は、2018年9月に小社より刊行され、文庫化に際し、「間氷期」(小説現代2018年10月号掲載)を新たに収録しました。

著者紹介

著:斉藤 詠一(サイトウ エイイチ)

1973年、東京都生まれ。千葉大学理学部物理学科卒業。2018年、本作で第64回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。

お知らせ・ニュース

お知らせ
就活生必見! あの企業のトップはどんな小説を読んできたのか。講談社文庫「社長の#小説履歴書」フェア&「みんなの#小説履歴書」キャンペーン開催中!!
関連サイト
【動画インタビュー】第64回江戸川乱歩賞受賞作、斉藤詠一『到達不能極』! 衝撃の受賞作なしから1年……賞始まって以来、最大スケールの冒険ロマン。そのルーツは“あの国民的人気アニメ”にあった!乱歩賞作家の先輩、佐藤究さんからの嬉しい一言とは?
2018年、第64回江戸川乱歩賞を受賞し衝撃のデビューを果たした斉藤詠一さん。本作では南極を舞台に、現在と戦後間もない時代の物語が繰り広げられる。2018年、遊覧飛行中のチャーター機が謎のシステムダウンで南極に不時着。ツアーコンダクターの拓海は物資を求め、今は使用されていない「到達不能極」基地を目指す。一方1945年では、ペナン島の日本海軍基地において、訓練生の信之がドイツから来た博士とその娘を、南極にあるナチス・ドイツの秘密基地へと送り届ける任務を言い渡される。現在と過去、二つの物語が交錯するとき、極寒の地に隠された“災厄”と“秘密”が目を覚ます。ナチスの極秘実験によって引き裂かれた愛と、人類滅亡の鍵を握る秘密とは――?乱歩賞史上最大スケールで描かれる、“冒険×SF×ミステリー”超大作が誕生した。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る