海蝶

文芸(単行本)
カイチョウ
  • 電子あり
海蝶
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本初の女性海保潜水士、挑戦と勇気の物語。

“初”だからこその悩みと光。絆の大切さを感じられる、感動の物語です!―岩崎恭子さん(オリンピック200m平泳ぎ金メダリスト)
母なる海の守護神たらんとする海上保安官の心を描いた傑作だ。ー佐藤雄二氏(元海上保安庁長官)

女性の自立と家族愛は超ハートフル、手に汗握るサスペンスはVRシネマ級!

(あらすじ)
女性初の潜水士として注目を集める、横浜海上保安部所属・忍海愛。兄は特殊救難隊、父もベテラン海保潜水士で血筋は折り紙付き。しかし、愛は現場には気を使わせるお荷物だ。覚悟して海に対峙する愛を待ち受けていたのは、とんでもない事件だった。

推薦・感動の声続々!!
期待を浴びて華麗にデビューした海の蝶。
音も色もない水の中で感情は研ぎ澄まされ、
喪失のトラウマは怪物となって命を脅かす。
それでも潜らなければならない理由がある。
覆すのは常識だけではない。救うのは人の命だけではない。
プロフェッショナルとしての決意と覚悟が伝わる。
前代未聞の感動がここにある!
内田剛氏 (ブックジャーナリスト・本屋大賞実行委員会理事)

「足かけ二年に渡る海上保安庁取材で見聞きした海上保安官の精神『正義仁愛』こそが、この本のテーマであり、矜持です」―吉川英梨(著者)

©Eri Yoshikawa 2020

製品情報

製品名 海蝶
著者名 著:吉川 英梨
発売日 2020年09月03日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-520775-8
判型 四六変型
ページ数 346ページ

著者紹介

著:吉川 英梨(ヨシカワ エリ)

吉川 英梨(よしかわ・えり)
1977 年、埼玉県生まれ。著書は講談社文庫「新東京水上警察」シリーズ(既刊4冊『波動』『烈渦』『朽海の城 』『海底の道化師』)、「女性秘匿捜査官・原麻希」シリーズ、「警視庁53 教場」シリーズ、「十三階の女」シリーズのほか、『ハイエナ 警視庁捜査二課 本城仁一』『雨に消えた向日葵』『ダナスの幻影』など多数ある。新作の度に期待を大きく上回る作品を刊行し続け、サスペンス・ミステリーの新旗手として注目を集めている。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る