さんかく窓の外側は夜  映画版ノベライズ

講談社文庫
サンカクマドノソトガワハヨルエイガバンノベライズ
  • 電子あり
さんかく窓の外側は夜  映画版ノベライズ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「私といれば怖くなくなりますよーー。」

書店で働く三角康介は、幼い頃から霊が見える体質に悩まされていた。
恐ろしい姿をした彼らが恐ろしく、人間と幽霊を区別するためメガネが手放せない。

ある日、書店に冷川理人と名乗る男が訪れる。
「私といれば怖くなくなりますよ」という言葉に心を動かされ、三角は冷川の”仕事”を手伝うことに。

だが、あるバラバラ殺害事件に関係する霊が、祓われる際に恐ろしい言葉を残す。

「ヒウラエリカに騙された」

ヒウラエリカとは何者なのか? なぜ、霊を”騙し”ているのか。

3人の”運命”が交わる時、東京中を巻き込む大事件が起きる。

製品情報

製品名 さんかく窓の外側は夜  映画版ノベライズ
著者名 著:橘 もも 原作:ヤマシタ トモコ その他:相沢 友子
発売日 2020年11月13日
価格 定価 : 本体620円(税別)
ISBN 978-4-06-520952-3
判型 A6
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は、映画『さんかく窓の外側は夜』(脚本 相沢友子)の小説版として著者が書下ろした作品です。

著者紹介

著:橘 もも(タチバナ モモ)

1984年、愛知県生まれ。2000年、『翼をください』で第7回講談社X文庫ティーンズハート大賞佳作を受賞しデビュー。「忍者だけど、OLやってます」シリーズなどのオリジナル作品に加え、『白猫プロジェクト 大いなる冒険の始まり』『リトルウィッチアカデミア でたらめ魔女と妖精の国』『小説 透明なゆりかご』『小説 空挺ドラゴンズ』などのノベライズも手がける。

原作:ヤマシタ トモコ(ヤマシタ トモコ)

1981年5月9日生まれ。 2005年のデビュー後、すぐに「ねこぜの夜明け前」で講談社「アフタヌーン」主催の四季賞、夏・四季賞を受賞。 19年には「違国日記」がマンガ大賞4位に入賞する。主な作品に『BUTTER !!! 』『ひばりの朝』『さんかく窓の外側は夜』(本書原作コミック)『花井沢町公民館便り』などがあり、幅広い層の支持を得ている。

その他:相沢 友子(アイザワ トモコ)

1991年シンガーソングライターとしてデビュー。 1999年に小説『COVER』で第15回太宰治賞に入選しその後に脚本家に転身。 フジテレビ系のドラマ『恋ノチカラ』『鹿男あをによし』や、『さんかく窓の外側は夜』の脚本などを手掛けた。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る