ナイチンゲール 「看護」はここから始まった

青い鳥文庫
ナイチンゲールカンゴハココカラハジマッタ
  • 電子あり
ナイチンゲール 「看護」はここから始まった
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

看護の基礎を作ったナイチンゲール。その仕事と人生。

1820年に生まれたフローレンス・ナイチンゲールは、近代看護の基礎を作っイギリス人の女性です。クリミア戦争が起こると、訓練された看護婦チームを率い、現地のイギリス軍の病院で活動しました。 傷ついた兵士たちを看護するほか、病院の施設や衛生状況を改善するなど、看護の基本を作ったのです。看護学校での看護婦の養成や、職業としての地位向上にも尽力しました。 

(小学上級から。すべての漢字にふりがなつき)

製品情報

製品名 ナイチンゲール 「看護」はここから始まった
著者名 文:村岡 花子 絵:丹地 陽子
発売日 2020年08月05日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-520503-7
判型 新書
ページ数 192ページ
シリーズ 講談社青い鳥文庫
初出 この作品は、2017年10月刊行の火の鳥伝記文庫『ナイチンゲール(新装版)』を一部改訂し、青い鳥文庫版として刊行するものです。

著者紹介

文:村岡 花子(ムラオカ ハナコ)

●1893年、山梨県に生まれる。東洋英和女学院高等科卒業。英語教師を勤めた後、編集者に。英米児童文学の古典的作品の翻訳で活躍し、訳書に『赤毛のアン』シリーズ、『王子と乞食』『少女パレアナ』など多数。童話集に『たんぽぽの目』など。1932~41まで現NHK東京放送局のラジオ番組『コドモの新聞』コーナーで「ラジオのおばさん」として親しまれた。1968年死去。

絵:丹地 陽子(タンジ ヨウコ)

●イラストレーター。三重県生まれ。東京芸術大学美術学部デザイン学科卒業。書籍のカバー、挿絵、雑誌のイラストを手がけている。おもな作品に、『夏の祈りは』(須賀しのぶ)、『サトコのパン屋、異世界へ行く』(塚本悠真)『明治・妖モダン』(畠中恵)などがある。

おすすめの本

オンライン書店で見る