魔女の愛し仔

星海社FICTIONS
マジョノイトシゴ
著:綾里 けいし イラスト:一色
魔女の愛し仔
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

魔女が人間の子供を拾ったって。
その先には、ロクな結末が待っていやしないのにーーー

魔宴の夜、魔女集会へ生け贄として捧げられたサラは
古き魔女、エンゲル・ヘクセンナハトに拾われる。
『幸福になれなかった物語』を管理する彼女の書架には、
銀の鎖で封印された“呪われた御話”たちが眠っていた。
在るべき結末を迎えなかったお伽噺を幸せな終わりに導くため
サラは禁忌を破って独断専行、本の中へと飛び込んだ!
物語世界を旅する魔女と少女を待ち受けるのは、
幸福な結末か、哀切な運命か、それともーーーー

〈Chapter〉

「白雪姫」
攫われた白雪姫----小人たちのアリバイは崩せるか?

「人魚姫」
人魚姫と王子の消失----短剣は振るわれたのか?

「茨姫」
茨の呪いを解かない妖精王----その動機は?

「赤頭巾」
猟師不在による惨劇----秘された配役とは?

「ラプンツェル」
王子の顔を知らない塔の少女----継続された結末とは?

製品情報

製品名 魔女の愛し仔
著者名 著:綾里 けいし イラスト:一色
発売日 2020年07月17日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-520439-9
判型 B6
ページ数 256ページ
シリーズ 星海社FICTIONS

著者紹介

著:綾里 けいし(アヤサト ケイシ)

エンターブレインえんため大賞小説部門優秀賞を受賞し、『B.A.D.1 繭墨は今日もチョコレートを食べる』(ファミ通文庫)でデビュー。同作から始まる『B.A.D.』シリーズや『異世界拷問姫』(MF文庫J)を筆頭に、無二のダークファンタジー世界を築き上げている。

イラスト:一色(イッシキ)

高密度の情感をスタイリッシュに描きこなす新鋭イラストレーター。装画を担当した小説作品に『英雄取締部隊』(菊池九五/講談社ラノベ文庫)、『ナベリウス封印美術館の蒐集士』(手島史詞/GAノベル)など。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス