記憶書店うたかた堂の淡々

講談社タイガ
キオクショテンウタカタドウノタンタン
  • 電子あり
記憶書店うたかた堂の淡々
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「文学少女」シリーズの野村美月、待望の最新作!

忘れたい人は、いますか。
忘れられたい人は、いますか。

静乃の優しすぎる恋人、誠が突如失踪した。職場に連絡すると彼は一年前に亡くなっているという。では、彼は一体誰だった? 
静乃の脳内に存在する、自分のものではない思い出。これは人の記憶が綴られた書物を売買する、うたかた堂の仕業か。記憶に浮かぶ海を、静乃は目指した。冷めた目をした美貌の青年が書物を繙くとき、心に秘めた過去が、秘密が、願いが、解き明かされる!

製品情報

製品名 記憶書店うたかた堂の淡々
著者名 著:野村 美月
発売日 2020年07月22日
価格 定価 : 本体720円(税別)
ISBN 978-4-06-520404-7
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社タイガ

著者紹介

著:野村 美月(ノムラ ミヅキ)

【野村美月(のむら・みづき)】
2001年『赤城山卓球場に歌声は響く』で第3回ファミ通エンタテインメント大賞(現・えんため大賞)小説部門〈最優秀賞〉を受賞しデビュー。2006年より刊行された、「文学少女」シリーズが大人気となる。講談社タイガより『晴追町には、ひまりさんがいる。』シリーズ二作を刊行している。

オンライン書店で見る