柔の道 斉藤仁さんのこと

ヤワラノミチサイトウヒトシサンノコト
  • 電子あり
柔の道 斉藤仁さんのこと
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

こんなに強くて、これほど面白い男は、ほかにいない――。最強の柔道家・山下泰裕氏をして「私にとって、最大にして最高のライバル」と言わしめ、オリンピックで2つの金メダルを獲得した斉藤仁。彼がこの世を去って、5年以上が経つ。享年54。あまりに早く逝ってしまった。しかし、彼が歩もうとした道は人々に受け継がれ、いまもその歩みは続いている。「柔の道」とは何か。どこに向かっているのか。なぜ、あれほど厳しい鍛錬を積むのか……。日本を代表する柔道家(全日本柔道連盟会長・山下泰裕氏、講道館館長・上村春樹氏、柔道日本代表監督・井上康生氏、国士舘大学柔道部監督・鈴木桂治氏など)や、斉藤が愛した家族たちなど10人が、さまざまな秘話とともに綴る。私たちは、あなたの道の続きを歩いていきます―ーみなの溢れる思いに、涙が止まらない。

〈本書の目次から〉
「次の五輪も一緒に見守ろう」 山下泰裕 全日本柔道連盟会長、日本オリンピック委員会会長
「おまえがいなければダメなんだ」 川野一成 国士舘中学・高等学校柔道部総監督
「精力善用、自他共栄」 上村春樹 講道館長
「あなたの言葉の意味が、最近わかるようになってきました」 鈴木桂治 国士舘大学柔道部監督
「新しい柔道をつくっていく」 井上康生 柔道日本代表監督
「ぜんぶ覚えてるよ」 斉藤一郎 斉藤仁の長男
「もう俺はガキやない!」 斉藤立 斉藤仁の次男
「あなたの道の続きを歩んでいく」 斉藤三恵子 斉藤仁の妻

製品情報

製品名 柔の道 斉藤仁さんのこと
著者名 編:山下 泰裕
発売日 2020年06月29日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-520390-3
判型 四六
ページ数 234ページ

著者紹介

編:山下 泰裕(ヤマシタ ヤスヒロ)

全日本柔道連盟会長、日本オリンピック委員会(JOC)会長。1957年、熊本県生まれ。東海大学大学院体育学研究科修了。東海大学2年時の1977年から、全日本選手権で9連覇を達成。1979年から3大会連続で世界選手権優勝。1984年のロサンゼルス五輪で無差別級の金メダルを獲得した。1985年に現役選手を引退。1992~2000年には全日本柔道連盟ヘッドコーチを務め、柔道日本代表チームを率いた。現在、東海大学副学長、国際オリンピック委員会(IOC)委員などを兼務

オンライン書店で見る