保健室経由、かねやま本館。2

ホケンシツケイユカネヤマホンカン2
著:松素めぐり イラスト:おとないちあき
  • 電子あり
保健室経由、かねやま本館。2
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

※このシリーズは1巻完結型です。基本的には、どの巻から読んでも楽しめます。

〇下記にひとつでもあてはまる子は、必読!
□ お笑いが、好き!
□ 親友を探している
□ 将来の夢、何にしよう?
□ 運命って、あるのかも!?
□ 湯治場(トージバ)って、なに?
□ 「かねやま本館」に、行ってみたい!


〇あらすじ
――「だって、あいつ、いつも笑ってたから」
千葉尚太郎(通称:チバ)は教室で起こったささいな事件をきっかけに、クラスで空気のように扱われている。嫌われ者になり、とうとう人前で発言することができなくなったチバがたどりついたのは、中学生専門の湯治場「かねやま本館」だった。
ここでチバは、明るくにくめない赤毛の男の子「アツ」に出会い、意気投合、その日のうちにお笑いコンビを結成する。

いつも元気で人気者に見えたアツ。ところが、そんなアツが、制止するチバの腕をも、ふりきり、かねやま本館の「規則その一、紫色の暖簾はけっしてのぞいてはならない」を破ってしまった。チバの手元に残されたのは、アツが置いていった一冊の赤いノート、『俺様のネタ帳』。

このノートに、アツが規則を破った理由が書かれているのかもしれない。どうにかしてアツを救いたいチバは、意を決してノートを開く。
そこに書かれていた、親友・アツの驚くべき「悩み」と「本音」とは……!?


銀山先生って何者? かねやま本館って何? 温泉には効能が? 
「疲れたら、休んでもいいんだ」
かねやま本館で出合う怪しい人間や子どもたちとの交流、温泉での休憩を通し、自分自身の悩みに向きあっていく、心温まる物語。シリーズ第二巻!

製品情報

製品名 保健室経由、かねやま本館。2
著者名 著:松素めぐり イラスト:おとないちあき
発売日 2020年08月05日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-520419-1
判型 四六
ページ数 242ページ

著者紹介

著:松素めぐり(マツモトメグリ)

1985年生まれ。東京都出身(東京都在住)。多摩美術大学美術学部絵画学科卒業。
「保健室経由、かねやま本館。」で第60回講談社児童文学新人賞受賞。

イラスト:おとないちあき(オトナイチアキ)

1988年生まれ。東京都在住。イラストレーター。書籍装画を中心に活動。
装画を手掛けた作品に、『君と漕ぐ』シリーズ(新潮社)、『溝猫長屋』シリーズ(講談社)、『鬼遊び』シリーズ(小峰書店)、『ソーリ! 』(くもん出版)、『さよならは明日の約束』(光文社)など。

オンライン書店で見る