大江戸火龍改

文芸(単行本)
オオエドカリュウアラタメ
  • 電子あり
大江戸火龍改
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

禍々しきは、吾の出番。――妖退治屋をなりわいとする麗しき謎の男、遊斎の事件簿。

江戸時代、凶悪犯を取り締まる火附盗賊改の裏組織が存在した。
専ら人外のものを狩り鎮めるその名は、火龍改。

満開の桜の下で茶会を催していた一行から悲鳴が上がった。見れば大店のお女将の髪が逆立って、身体ごと持ち上がっていき、すっかり桜の花に隠れてしまった。見上げる者たちの顔に点々と血が振りかかり、ぞぶ、ぞぶ、ごり、という音のあと、どさり、と毛氈の上に女の首が落ちてきた――。遊斎は、飴売りの土平、平賀源内らとともに、この怪奇な事件の謎を追う(長編「桜怪談」)。短篇「遊斎の語」「手鬼眼童」「首無し幽霊」も併録。

スカイエマの、クールで色っぽい遊斎や不思議な生き物たちのイラストが誌面を飾る。クラフト・エヴィング商會の瀟洒な装丁で、現代版の絵双紙本が誕生。

目次

  • 火龍改の語(こと)
  • 遊斎の語
  • 手鬼眼童
  • 首無し幽霊
  • 桜怪談

製品情報

製品名 大江戸火龍改
著者名 著:夢枕 獏 装丁:クラフト・エヴィング商會 イラスト:スカイエマ
発売日 2020年07月08日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-520399-6
判型 四六
ページ数 290ページ
初出 「小説現代」|「遊斎の語」…2014年5月号、「手鬼眼童」…2014年11月号、「首無し幽霊」…2017年1月号、「桜怪談」…2018年4月号~10月号、「WEB小説現代」連載「火龍改の語」は単行本化にあたり加筆いたしました。

著者紹介

著:夢枕 獏(ユメマクラ バク)

夢枕獏(ゆめまくら・ばく)
'51年神奈川県生まれ。'77年作家デビュー。『キマイラ』『闇狩り師』『陰陽師』などの人気シリーズ作品を次々と発表。『神々の山嶺』で柴田錬三郎賞受賞、『大江戸釣客伝』で泉鏡花文学賞、舟橋聖一文学賞、吉川英治文学賞をトリプル受賞。ほかの著書に「餓狼伝」シリーズ、『東天の獅子』「大江戸恐竜伝」シリーズ、『ヤマンタカ 大菩薩峠血風録』など多数。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る