無駄花

文芸(単行本)
ムダバナ
  • 電子あり
無駄花
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

なんの捻りもないコメントだけれど、捻る間も惜しんで勧めたい。
とにかく読んでください。自分が書いたことにしたいくらい大好きな作品。
ーー尾崎世界観 (クリープハイプ)

29歳、戦慄のデビュー。第14回小説現代長編新人賞 奨励賞受賞作。

関西弁で押し進めるテンポが軽やかで、少年期を関西圏で過ごした私には妙に納得が行くリズムと“間”があって、この作者の声が聞こえて来る気がした。少年期の多感な情熱と、不安、悩みもよくうかがえた。これは文章における才能である。
ーー伊集院静

一番に推した。(略)全体として密度が高く、エモーションや怒りのようなものが持続し、台詞も臨場感のあるものだった。また、永山則夫と比較される覚悟を感じ、その点に特に好感を抱いた。
ーー宮内悠介

【内容紹介】
 ある日、死刑囚・中村は、出版社の社員から、これまでの半生について手記を書くよう手紙で促される。そこで中村は自身の半生と、因縁の男・島田との関係を綴り始めることになった。困窮した家庭に育った中村と、地元でも有数の実業家一族の島田の二人は、一度は中学で同じ不良グループに属していたが、島田の度重なる裏切りに業を煮やした中村が殴り合いの喧嘩の末、島田と縁を切ることに。
 その後、上京して会社員となり、結婚して幸福な生活を送っていた中村は、父の重篤の報を受け、看病のため久しぶりに帰郷する。そこに一族の経営会社を引き継いだ島田が現れ、二人は十数年越しに再会を果たす。直後に襲った株価暴落もあり、過去の蟠りを払拭して彼の会社に入社することを決意した中村だったが、そこにはなんと犯罪や不貞が横行する世界が待ち受けていたのだった。島田に妻を寝取られ、またしても裏切りにあった中村は、遂に怒りを爆発させ、凶行へとひた走るーー。

製品情報

製品名 無駄花
著者名 著:中 真大
発売日 2020年09月16日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-520330-9
判型 四六変型
ページ数 258ページ
初出 「小説現代」2020年6・7月合併号

著者紹介

著:中 真大(ナカ マサヒロ)

1991年三重県上野市(現・伊賀市)生まれ。YMCA学院高等学校卒業後、色々な職を転々とする。本作で第14回小説現代長編新人賞奨励賞を受賞した。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る