戦の国

講談社文庫
イクサノクニ
  • 電子あり
戦の国
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

一五六〇年、桶狭間の合戦前夜。

緊張感漂う清洲城で、織田信長は扇子を手に敦盛を舞い、静かにある決意を固めていた。
やがて信長は一つの作戦を示す。あまりの無謀さに家臣の猛反対にあう中、信長だけに見えていた勝利への道筋とは。

動乱の時代を駆け抜けた織田信長、上杉謙信、明智光秀、大谷吉継、小早川秀秋、豊臣秀頼ら六将の目を通して“戦国”を活写した連作短編集。

製品情報

製品名 戦の国
著者名 著:冲方 丁
発売日 2020年08月12日
価格 定価 : 本体780円(税別)
ISBN 978-4-06-520628-7
判型 A6
ページ数 416ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2017年10月に小社より単行本として刊行されました。

著者紹介

著:冲方 丁(ウブカタ トウ)

1977年岐阜県生まれ。1996年『黒い季節』で角川スニーカー大賞金賞を受賞しデビュー。2003年『マルドゥック・スクランブル』で第24回日本SF大賞、2010年『天地明察』で第31回吉川英治文学新人賞、第7回本屋大賞、第4回舟橋聖一文学賞、第七回北東文学賞、2012年『光圀伝』で第3回山田風太郎賞を受賞。マンガ原作やアニメ脚本も手がけるなど、様々なジャンルで活躍している。

オンライン書店で見る