QED ~ortus~白山の頻闇

講談社文庫
キューイーディーオルタスハクサンノシキヤミ
  • 電子あり
QED ~ortus~白山の頻闇
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 棚旗奈々は妹・沙織の新居を訪れるべく、桑原崇と金沢へ向かっていた。白山神社の総本宮白山ひめ神社を参拝した二人は、殺人事件に巻き込まれる。手取川で見つかった首なし死体、上流で昏倒していた男、現場から走り去った女。すべてがひとつに繋がるとき、白山の謎も明らかに!
 大学一年生の奈々が吉原を訪れ、崇の博覧強記ぶりを目の当たりにする「江戸の弥生闇」も収録。

製品情報

製品名 QED ~ortus~白山の頻闇
著者名 著:高田 崇史
発売日 2020年09月15日
価格 定価 : 本体700円(税別)
ISBN 978-4-06-520170-1
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 この作品は、2017年11月に、講談社ノベルスとして刊行されたものです。

著者紹介

著:高田 崇史(タカダ タカフミ)

東京都生まれ。明治薬科大学卒業。『QED 百人一首の呪』で第9回メフィスト賞を受賞し、デビュー。歴史ミステリを精力的に書きつづけている。講談社ノベルス最長の人気シリーズQEDシリーズをはじめ、著作多数。近著に『源平の怨霊 小余綾俊輔の最終講義』『QED 憂曇華の時』『古事記異聞 京の怨霊、元出雲』など。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る