禁じられたジュリエット

講談社文庫
キンジラレタジュリエット
  • 電子あり
禁じられたジュリエット
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 「もはやオマージュを超えた次元で本格魂が炸裂してます」恩田陸氏

 退廃文学として禁書となっている「ミステリ小説」に触れてしまった女子高生六人。
 彼女ら「囚人」役と同級生二人の「看守」役は思想更生プログラムを強いられる。八人は協力して「監獄ごっこ」を乗り切るはずだったが、「囚人」と「看守」の対立は激化し、ついに悲劇が! 
 「書」の力を謳(うた)い上げたミステリ愛読者必読の書。
解説 有栖川有栖

目次

  • 第1部 文學ト云フ事
  • 第2部 ひからびた胎児 第2曲
  • 第3部 ハンガリー舞曲 第5番(連弾)
  • 第4部 グノシエンヌ 第4番
  • 終 劇 夜想曲第20番 遺作
  • 終 幕 bis

製品情報

製品名 禁じられたジュリエット
著者名 著:古野 まほろ
発売日 2020年09月15日
価格 定価 : 本体1,040円(税別)
ISBN 978-4-06-520169-5
判型 A6
ページ数 640ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2017年3月に、小社より単行本として刊行されました。

著者紹介

著:古野 まほろ(フルノ マホロ)

古野 まほろ(ふるの・まほろ)
東京大学法学部卒業。リヨン第三大学法学部第三段階「Droit et Politique de la Securite」専攻修士課程修了。『天帝のはしたなき果実』で第35回メフィスト賞を受賞しデビュー。以降、長編推理小説を次々に発表。近著に『老警』『時を壊した彼女 7月7日は7度ある』などがある。

オンライン書店で見る