怨毒草紙 よろず建物因縁帳

講談社タイガ
エンドクゾウシヨロズタテモノインネンチョウ
  • 電子あり
怨毒草紙 よろず建物因縁帳
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

――首を切られた女が、私を地獄に誘っている――
シリーズ10万部突破!
「猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」の著者による、恋と怪奇の新境地!

☆☆☆

死際の翁は生首の絵を描いていたそうだ。
持仏堂を曳いた後、怪異が起こるようになった東按寺。
調査に出た春菜は、無残な死に様の死体が転がる地獄を幻視する。
なぜ怪異は起きたのか。

死期の迫る曳き屋・仙龍は、春菜が幻覚を視ている間、
地獄を描きたい欲求に囚われたことに注目する――。

歪んだ情念を生き血で描いた怨毒草紙、その奥に潜む冥き陰謀とは。
因縁帳、転ず。

製品情報

製品名 怨毒草紙 よろず建物因縁帳
著者名 著:内藤 了
発売日 2020年06月19日
価格 定価 : 本体690円(税別)
ISBN 978-4-06-520130-5
判型 A6
ページ数 288ページ
シリーズ 講談社タイガ

著者紹介

著:内藤 了(ナイトウ リョウ)

長野市出身。長野県立長野西高等学校卒。デザイン事務所経営。2014年に『ON』で日本ホラー小説大賞読者賞を受賞しデビュー.。同作からはじまる「猟奇犯罪捜査班・藤堂比奈子」シリーズは、猟奇的な殺人事件に挑む親しみやすい女刑事の造形がホラー小説ファン以外にも支持を集めヒット作となり、2016年にテレビドラマ化。近著に『PUZZLE 東京駅おもてうら交番・堀北恵平』(角川ホラー文庫)、『スマイル・ハンター 憑依作家 雨宮縁』(祥伝社文庫)がある。

オンライン書店で見る