講談社文芸文庫
オトコ
  • 電子あり
男
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

男は黙ってよく働いている
だいじにしなければなあと思う

歿後30年。
「男」をめぐる初の随筆選。

羅臼の鮭漁、森林伐採、ごみ収集、救急医療、下水処理、少年院、橋脚工事ーー
日常の暮らしを支える現場で働く男性たちに注ぐ、やわらかく細やかな眼差し。
現場に分け入り、プロフェッショナルたちと語らい、自身の目で見て体感したことのみを凜とした文章で描き出す、行動する作家・幸田文の随筆の粋。


(収録作品)
男(濡れた男/確認する/切除/火の人/傾斜に伐る/都会の静脈/まずかった/ちりんちりんの車/救急のかけはし/並んで坐る/橋)
ちどりがけ
当世床屋譚
植える
出合いもの
いい男
男のひと
素朴な山の男
男のせんたく
男へ

目次

  • 男(濡れた男/確認する/切除/火の人/傾斜に伐る/都会の静脈/まずかった/ちりんちりんの車/救急のかけはし/並んで坐る/橋)
  • ちどりがけ
  • 当世床屋譚
  • 植える
  • 出合いもの
  • いい男
  • 男のひと
  • 素朴な山の男
  • 男のせんたく
  • 男へ

製品情報

製品名
著者名 著:幸田 文
発売日 2020年07月13日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-520376-7
判型 A6
ページ数 208ページ
シリーズ 講談社文芸文庫
初出 本書は『幸田文全集』第二巻、第一〇巻、第一一巻、第一三巻、第一四巻、第一五巻、第二〇巻、第二一巻(1995年1月~1996年8月、岩波書店刊)を底本として使用しました。

著者紹介

著:幸田 文(コウダ アヤ)

幸田 文(1904・9・1~1990・10・31) 小説家・随筆家。東京向島生まれ。文豪幸田露伴の次女。女子学院卒。1928年結婚。10年間の結婚生活の後、娘玉を連れて離婚。幸田家に戻り、父の傍らにあって家を守り、父の最期を看取る。47年父との思い出の記「雑記」「終焉」「葬送の記」を執筆。その清新な文体が好評を博し、随筆家として出発。56年『黒い裾』で読売文学賞、57年『流れる』で芸術院賞等を受賞し、小説家としても文壇的地位を得た。70年頃から、奈良法輪寺三重塔の再建のために奔走した。著書は他に『おとうと』『闘』『崩れ』『木』『台所のおと』『きもの』等多数。『幸田文全集 全23巻別巻1』(岩波書店刊)がある。

オンライン書店で見る