これはミステリではない

文芸(単行本)
コレハミステリデハナイ
  • 電子あり
これはミステリではない
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「読者への挑戦状」ーー!!
しかし、それは誰がためのものなのか?
「これまで僕が書いてきたなかでも最大級に歪(いびつ)」ーー竹本健治

ミステリ界の金字塔『匣の中の失楽』『涙香迷宮』の鬼才が放つ最新作!

香華大学ミステリクラブの夏合宿で悲劇は起きた!
メンバーをモデルにした犯人当て小説「読んではいけない」の問題篇が披露された翌日、小説通りに湧き起こった濃霧のなかで、出題者は解決篇の原稿とともに消え去ってしまう。
偶然同じ施設に居あわせた「汎虚学研究会」の高校生たちも渦中に巻きこまれ、事件の謎に挑むことになるが、肝腎の探偵はやる気なく、誰彼なくおかしな夢を見るばかり――。
果たしてこの重構造の事件で問われているのは何か。そんな問いなどどこにもないのか。

ミステリ最大のタブーは快楽となり得るのか――
それともここにあるのは作家・竹本健治の終焉か!?

目次

  • 犯人あて
  • 通過儀礼
  • 失踪を巡って
  • 行動は逸脱せざるを得ない
  • 問題篇の問題
  • 腕のなかで命が
  • ひとつの可能性
  • 作中作の問題
  • すべては桜のなかに
  • 日常には戻ったが
  • 見える見えないの問答
  • コレハ誰ノ夢ナノダロウカ?
  • 深い葦原のなかで

製品情報

製品名 これはミステリではない
著者名 著:竹本 健治
発売日 2020年07月15日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-519976-3
判型 四六
ページ数 242ページ
初出 「メフィスト」2018 VOL.2~2019 VOL.2 単行本化に際し、改題(連載時タイトル「読んではいけない 汎虚学研究会2」)、加筆修正しました。

著者紹介

著:竹本 健治(タケモト ケンジ)

1954年兵庫県生まれ。
大学在学中にデビュー作『匣の中の失楽』を伝説の探偵小説専門誌「幻影城」に連載し、1978年に幻影城より刊行。日本のミステリ界に衝撃を与えた。
以来、ミステリ・SF・ホラーと幅広く活躍し、ファンから熱狂的支持を受けている。
また天才囲碁棋士・牧場智久を探偵役としたミステリ長編『涙香迷宮』で「このミステリーがすごい!」2017年版国内編第1位、第17回本格ミステリ大賞に輝く。近著に『狐火の辻』がある。

オンライン書店で見る