食べるのだいすき よみきかせ絵本 きんぴらきょうだい

絵本
タベルノダイスキヨミキカセエホンキンピラキョウダイ
  • 電子あり
食べるのだいすき よみきかせ絵本 きんぴらきょうだい
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

だいのなかよしの、ごぼうとにんじんは、きんぴらになるのが夢。「ごぼごぼ にんにん」歌いながらいろんな家を訪ねますが、なかなかきんぴらにしてもらえません。そんなときにんじんが、きつねのコックにさらわれて……。
どこかなつかしい香りのユーモアあふれるお話を楽しみながら、自然に野菜と仲良くなれる、そんな一冊です。巻末には、にんじんとごぼうに関するやさしい解説つき。子どもたちに、野菜や食べものにもっともっと親しんで、たくさん食べて元気に育ってほしいという願いをこめて送ります。

製品情報

製品名 食べるのだいすき よみきかせ絵本 きんぴらきょうだい
著者名 文:苅田 澄子 絵:大島 妙子
発売日 2020年06月18日
価格 定価 : 本体1,400円(税別)
ISBN 978-4-06-519760-8
判型 AB
ページ数 36ページ
シリーズ 講談社の創作絵本

著者紹介

文:苅田 澄子(カンダ スミコ)

出版社勤務の後、フリーで編集をしながら小沢正氏に師事。絵本に『いかりのギョーザ』(絵・大島妙子 佼成出版社)『ソフトクリームのソフトさん』(絵・大島妙子 小学館)『じごくのラーメンや』(絵・西村繁男 教育画劇)『おもちのおふろ』(絵・植垣歩子 学研)『パンツいっちょうめ』(絵・やぎたみこ 金の星社)『なっとうかあちゃん』(絵・マスリラ)『おこめようちえん』(絵・陣崎草子)『だんしゃく王とメークイン女王』(絵・北村裕花 以上、講談社)などがある。

絵:大島 妙子(オオシマ タエコ)

1959年、東京都生まれ。出版社勤務の後、絵本を描きはじめる。おもな絵本に『ジローとぼく』(偕成社)『たなかさんちのおひっこし』(あかね書房)『わらっちゃった』(小学館)『ぼくもだっこ』(作・西條剛央)『さんまいのおふだ』(文・石崎洋司)『おんみょうじ 鬼のおっぺけぽー』(作・夢枕獏 以上、講談社)『寓話 洞熊学校を卒業した三人』作・宮沢賢治 三起商行)『母恋いくらげ』(原作・柳家喬太郎 理論社)「オニのサラリーマン」シリーズ(文・富安陽子 福音館書店)などがある。

オンライン書店で見る