インタビューというより、おしゃべり。担当は「ほぼ日」奥野です。

インタビュートイウヨリオシャベリタントウハホボニチオクノデス
文・構成・インタビュー:奥野 武範(ほぼ日刊イトイ新聞) 装画:西山 寛紀 装丁:大島 依提亜 文・構成・インタビュー:古賀 史健
インタビューというより、おしゃべり。担当は「ほぼ日」奥野です。
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

有名無名を問わず、「とにかくおもしろい人」だけを約15年間に渡ってインタビューを行ってきた、ほぼ日刊イトイ新聞(ほぼ日)の奥野武範さん。「ひとつでも聞きたいことがあれば、すぐにでも会いにいく」という奥野さんのインタビューは、しばしばその場で脱線し、思いもよらない素敵な終着点にたどり着いたものばかりです。本書は、そんなほぼ日・奥野さんが総勢300名以上に伺ったインタビューのなかから、選りすぐりの13本を収録した一冊です。どのお話も、いい意味で「不要不急」。だけど、頭抜けておもしろい13の「おしゃべりのようなインタビュー」を、どうぞお楽しみください。(本書編集担当・築地教介)

装丁:大島依提亜
装画:西山寛紀

(本書収録内容)
【まえがきにかえて】
「この本のタイトルに「おしゃべり」とあるのですが。」

【収録インタビュー本編】
柄本明(俳優)

吉田勝次(洞窟探検家)

鈴木金太郎(自転車販売・修理業)

山口晃(画家)

巴山将来(友人)

原一男(映画監督)

山崎努(俳優)

Nさん夫妻(会社員と主婦)

佐々木昭一郎(映像作家)

ピエール・バルー(詩人・歌手・俳優)

窪塚洋介(俳優・アーティスト)

坪井善明(政治学者・早稲田大学名誉教授)

【あとがきにかえて】
「ほぼ日・奥野武範さんに、古賀史健さんが聞いた「インタビュー」について。」

【その他】
各インタビューの最後に、ほぼ日・奥野武範さんによる本書書き下ろしコラムを収録。

製品情報

製品名 インタビューというより、おしゃべり。担当は「ほぼ日」奥野です。
著者名 文・構成・インタビュー:奥野 武範(ほぼ日刊イトイ新聞) 装画:西山 寛紀 装丁:大島 依提亜 文・構成・インタビュー:古賀 史健
発売日 2020年04月27日
価格 定価 : 本体1,800円(税別)
ISBN 978-4-06-519942-8
判型 A5変型
ページ数 450ページ
初出 掲載したインタビューは、ウェブサイト『ほぼ日刊イトイ新聞』の奥野武範が担当したコンテンツから抜粋、再構成した。

おすすめの本

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス