地検のS

講談社文庫
チケンノエス
  • 電子あり
地検のS
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

その男、悪か正義か――。
元新聞記者だから書けた!まったく新しい検察ミステリー。

一週間以内に特ダネを――。

東洋新聞の司法回り記者・沢村慎吾は追い詰められていた。
湊川地裁での取材中、地検の総務課長・伊勢雅行が法廷を覗く姿を見かける。
陰の実力者と噂される男が、ありふれた事件になぜ関心を寄せるのか(「置き土産」)。

事件の裏には必ず”奴”がいる。
圧倒的リアリティーで描く、全5編の連作“検察”ミステリー!

製品情報

製品名 地検のS
著者名 著:伊兼 源太郎
発売日 2020年06月11日
価格 定価 : 本体780円(税別)
ISBN 978-4-06-519664-9
判型 A6
ページ数 416ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2018年2月、小社より単行本として刊行された。

著者紹介

著:伊兼 源太郎(イガネ ゲンタロウ)

1978年東京都生まれ。上智大学法学部卒業。新聞社勤務などを経て、2013年に『見えざる網』(受賞時「アンフォゲッタブル」を改題)で第33回横溝正史ミステリ大賞を受賞し、デビュー。他の著書に、『事故調』『外道たちの餞別』『密告はうたう』『地検のS』がある。

オンライン書店で見る