スパイの妻

講談社文庫
スパイノツマ
  • 電子あり
スパイの妻
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

祝! 映画「スパイの妻」、第77回ヴェネチア国際映画祭銀獅子賞(監督賞)受賞!

選ぶべきは愛か、大義か――。
太平洋戦争前夜、混沌する運命に翻弄される男女の愛憎を描く、超一級歴史サスペンスの小説版!

1940年、太平洋戦争前夜の神戸。満州事変以降、国内外で不穏な空気が漂う最中、福原聡子は仕事で満州へ赴いた貿易商の夫・優作の帰国を待ちわびていた。しかし、帰国後の優作は人が変わったようで、憲兵隊からも目をつけられ始める。満州で何があったのか、夫は何を隠しているのか。優作と家庭の幸福を守るため、夫の秘密を探る聡子が目にした驚愕の真実とは――?

名匠・黒沢清監督がメガホンをとり、主演に蒼井優をむかえ、高橋一生が共演、第77回ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞(監督賞)を受賞した、映画「スパイの妻」(2020年10月16日全国ロードショー)、渾身の小説版。

製品情報

製品名 スパイの妻
著者名 著:行成 薫
発売日 2020年05月15日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-519666-3
判型 A6
ページ数 384ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 ドラマ『スパイの妻』(演出 黒沢清)の小説版として著者が書き下ろした作品。

著者紹介

著:行成 薫(ユキナリ カオル)

1979年宮城県生まれ。東北学院大学教養学部卒業。2012年に『名も無き世界のエンドロール』で第25回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。他の著作に『バイバイ・バディ』『ヒーローの選択』『僕らにだって扉くらい開けられる』『廃園日和』『ストロング・スタイル』『怪盗インビジブル』『本日のメニューは。』がある。

オンライン書店で見る