お庭番デイズ  逢沢学園女子寮日記 下

オニワバンデイズアイザワガクエンジョシリョウニッキゲ
  • 電子あり
お庭番デイズ  逢沢学園女子寮日記 下
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

女子寮入り口前の石碑の彫り文字はピープル・ヘルプ・ザ・ピープル。つまり人助けという逢沢学園女子寮のモットー実現の為、代々受け継がれた役職、「お庭番」に任命された3人が大活躍!下巻。

もくじ
3章 ババアにインタビュー
4章 真冬の怪談


「あーこのブラウスかわいー、もーなんでこんな高いかな!」
 ナル先輩が広げてた雑誌のページに顔をうずめて嘆いた。
「本皮なんじゃないすか」
イライザ先輩がソファーのひじ掛けに頬杖をついたまま、うわの空で素っ気ない返事して、
「ブラウスが皮ってありえねえだろ! そんなおざなりな相づちならいらぬわ!」
 ってナル先輩がキレるっていう、めずらしい組み合わせ。
 まず、この時間にイライザ先輩が談話室にいるのが超めずらしいし。
今日は土曜日だけど、四、五年生は校外学力テストで六年生は模試だったから、夕食前の寮内は、テストが終わって帰って来た普段は留守がちのレアな人たちで人口密度が高い。
──本文より。

製品情報

製品名 お庭番デイズ  逢沢学園女子寮日記 下
著者名 著:有沢 佳映
発売日 2020年07月16日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-519701-1
判型 四六
ページ数 386ページ

著者紹介

著:有沢 佳映(アリサワ カエ)

有沢佳映…・1974年生まれ、昭和女子大学短期大学部卒業。群馬県在住。『アナザー修学旅行』で第50回講談社児童文学新人賞を受賞。『かさねちゃんにきいてみな』で第24回椋鳩十児童文学賞、第47回日本児童文学者協会新人賞受賞。

おすすめの本

オンライン書店で見る