それ自体が奇跡

講談社文庫
ソレジタイガキセキ
  • 電子あり
それ自体が奇跡
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

百貨店で働く貢と綾は結婚三年目。貢は婦人服売り場、綾は紳士服売り場で働いており、社内結婚だった。

貢はもともと百貨店のサッカー部に所属していたが、廃部に。しばらくサッカーとは無縁の日々を過ごしていたが、ある時社会人サッカーチームの強豪「カピターレ東京」からスカウトを受ける。
綾の反対にあいながらも、入団を決意する貢。
仕事よりも試合を優先しがちな貢に、上司も不満を募らせていく中、綾ともすれ違いはじめ――。

一方、綾は売り場に訪れた天野という男と映画や食事に行く関係に。貢よりも趣味が合う天野が徐々に気になり始める綾だが――。

結婚三年目にして初めて訪れる大きな危機を、2人は乗り越えられるのか!?

製品情報

製品名 それ自体が奇跡
著者名 著:小野寺 史宜
発売日 2020年05月15日
価格 定価 : 本体660円(税別)
ISBN 978-4-06-519660-1
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2018年1月に小社より単行本として刊行。

著者紹介

著:小野寺 史宜(オノデラ フミノリ)

1968年千葉県生まれ。2006年「裏へ走り蹴り込め」でオール讀物新人賞を受賞し、デビュー。’08年『ROCKER』で第3回ポプラ社小説大賞優秀賞を受賞。著書に『ひりつく夜の音』(新潮社)『本日も教官なり』(KADOKAWA)『ライフ』『ナオタの星』『みつばの郵便屋さん』シリーズ(ポプラ社)、『その愛の程度』を一作目とする『近いはずの人』(本書)『それ自体が奇跡』の夫婦三部作、『縁』(講談社)などがある。’19年『ひと』(祥伝社)で本屋大賞2位。最新作に『まち』(祥伝社)。

オンライン書店で見る