じんかん

文芸(単行本)
ジンカン
  • 電子あり
じんかん
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

戦国時代の三悪人の一人として名高い松永久秀。その生涯を、絶望的貧困から立ち上がり、一国の城主として大成、さらに最後、織田信長に攻められ自害するまであまさず余さず描く。『童の神』で直木賞候補となった今最も勢いのある若手歴史作家による、圧巻の戦国巨編!

©Shogo Imamura

製品情報

製品名 じんかん
著者名 著:今村 翔吾
発売日 2020年05月27日
価格 定価 : 本体1,900円(税別)
ISBN 978-4-06-519270-2
判型 四六変型
ページ数 512ページ

著者紹介

著:今村 翔吾(イマムラ ショウゴ)

1984年京都府生まれ。2017年『火喰鳥 羽州ぼろ鳶組』でデビューし、同作で第七回歴史時代作家クラブ賞・文庫書き下ろし新人賞を受賞。「羽州ぼろ鳶組」は大ヒットシリーズとなり、第4回吉川英治文庫賞候補に。18年「童神」(刊行時『童の神』に改題)で第十回角川春樹小説賞を受賞、同作は第160回直木賞候補となった。『八本目の槍』で第41回吉川英治文学新人賞を受賞。他の文庫書き下ろしシリーズに「くらまし屋稼業」がある。

オンライン書店で見る