高瀬庄左衛門御留書

文芸(単行本)
タカセショウザエモンオトドメガキ
  • 電子あり
高瀬庄左衛門御留書
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

五十手前で妻を亡くし、息子をも事故で失った郡方の高瀬庄左衛門。
老いゆく身に遺されたのは、息子の嫁だった志穂と、手すさびに絵を描くことだけだった。
寂寥と悔恨を噛みしめ、韜晦の日々を送るが、それでも藩の政争の嵐が庄左衛門を襲う。

「決戦!小説大賞」でデビューし、文芸評論家・縄田一男氏に「新人にして一級品」と言わしめた著者。
藤沢周平、乙川優三郎、葉室麟ら偉大なる先達に連なる、人生の苦みと優しさ、命の輝きに満ちた傑作時代長編!

製品情報

製品名 高瀬庄左衛門御留書
著者名 著:砂原 浩太朗
発売日 2021年01月20日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-519273-3
判型 四六変型
ページ数 338ページ
初出 「おくれ毛」は小説現代2018年8月号初出。その他の章は書き下ろしです。

著者紹介

著:砂原 浩太朗(スナハラ コウタロウ)

1969年生まれ。兵庫県神戸市出身。早稲田大学第一文学部卒業後、出版社勤務を経て、フリーのライター・編集・校正者となる。2016年「いのちがけ」で第2回「決戦!小説大賞」を受賞しデビュー。2018年『いのちがけ 加賀百万石の礎』を刊行。本作が2作目となる。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る