修羅の家

文芸(単行本)
シュラノイエ
  • 電子あり
修羅の家
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

『殺戮にいたる病』を凌ぐ驚愕作!

この家は悪魔に乗っ取られた。
恐怖、嫌悪、衝撃。
そこは地獄。初恋の女性を救い出せるのか。

女の毒が体内に入り、蝕まれていく--
   
簡易宿泊所で暮らす晴男はレイプ現場を中年女性・優子に目撃され、彼女の家につれていかれる。
そこには同じ格好をした十名ほどが「家族」として暮らしていた。
おぞましい儀式を経て一員となった晴男は、居住者は優子に虐待されていることを知る。
一方、区役所で働く北島は、中学時代の初恋相手だった愛香と再会し「家族」での窮状をきく。
北島は愛香を救い出す可能性を探るが、“悪魔”が立ちはだかる。

製品情報

製品名 修羅の家
著者名 著:我孫子 武丸
発売日 2020年04月15日
価格 定価 : 本体1,700円(税別)
ISBN 978-4-06-519166-8
判型 四六
ページ数 290ページ
初出 『メフィスト』2015VOL.3~2019VOL.2 単行本化に際し、加筆修正した。

著者紹介

著:我孫子 武丸(アビコ タケマル)

1962年、兵庫県生まれ。京都大学文学部哲学科中退。同大学推理小説研究会に所属。
新本格推理の担い手の一人として、89年に『8の殺人』でデビュー。
『殺戮にいたる病』等の重厚な作品から、『人形はこたつで推理する』などの軽妙な作品まで、多彩な作風で知られる。
大ヒットゲーム「かまいたちの夜」シリーズの脚本を手がける。
近著に『怪盗不思議紳士』『凜の弦音(つるね)』『監禁探偵』などがある。

オンライン書店で見る