会いに行って 静流藤娘紀行

文芸(単行本)
アイニイッテセイリュウフジムスメキコウ
  • 電子あり
会いに行って 静流藤娘紀行
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

師匠は私を作家にしてくれた
二度目に会った時はお骨になっていた
苦節の十年、彼はずっと後ろに「いて」くれた

私淑する宇宙的私小説作家・藤枝静男。その深淵を新エピソードとともに読み解く。
他の誰にも書けない、敬慕の情に満ちた「師匠説」。

師匠!師匠!

戦争、拷問、結核を超え
キリストもマルクスも彼は信じない
仏像を床の間に置き天皇を叱る
一日に四百人の眼球を診察し
茶碗が空を飛ぶ私小説を書いた

製品情報

製品名 会いに行って 静流藤娘紀行
著者名 著:笙野 頼子
発売日 2020年06月18日
価格 定価 : 本体2,000円(税別)
ISBN 978-4-06-519070-8
判型 四六
ページ数 306ページ
初出 『群像』2019年5月号、7月号、9月号、11月号、12月号

著者紹介

著:笙野 頼子(ショウノ ヨリコ)

1956年三重県生まれ。立命館大学法学部卒業。'81年「極楽」で群像新人文学賞受賞。選考委員の藤枝静男に絶賛される。'91年『なにもしてない』で野間文芸新人賞、'94年『二百回忌』で三島由紀夫賞、同年『タイムスリップ・コンビナート』で芥川龍之介賞、2001年『幽界森娘異聞』で泉鏡花文学賞、'04年『水晶内制度』でセンス・オブ・ジェンダー大賞、'05年『金毘羅』で伊藤整文学賞、'14年『未闘病記―膠原病、「混合性結合組織病」の』で野間文芸賞をそれぞれ受賞。

オンライン書店で見る