砂の城 風の姫

講談社文庫
スナノシロカゼノヒメ
著:中村 ふみ イラスト:六七質
  • 電子あり
砂の城 風の姫
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

 天下四国――それは、天から授かりし四つの国。
 西の国、燕では、始祖王灰歌から代々女王が国を治めてきた。燕王はあらゆる祭事を司る神女でもあった。そのため、燕はもっとも天に近い国といわれる。
 徐国の元王太子で、今やすっかり風来坊の飛牙は、天令の那兪を連れ、代々女王が治める燕国へ。そこで偶然お忍び外出中の名跡姫・甜湘と知り合った飛牙は、いきなり「胤」候補にされてしまう。胤は未来の女王たる甜湘に、子を産ませるための制度上の夫のこと。しかも飛牙の前にいたという胤ふたりは、すでに怪死を遂げているらしく……。胸躍るシリーズ第2弾!……。

目次

  • 第一章 燕国哀歌
  • 第二章 都の風
  • 第三章 三人目の男
  • 第四章 胤の心得
  • 第五章 天の毒・地の毒
  • 第六章 乱
  • 第七章 かたち

製品情報

製品名 砂の城 風の姫
著者名 著:中村 ふみ イラスト:六七質
発売日 2020年05月15日
価格 定価 : 本体650円(税別)
ISBN 978-4-06-519027-2
判型 A6
ページ数 306ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 2017年7月に、講談社X文庫ホワイトハートとして刊行されたもの。

著者紹介

著:中村 ふみ(ナカムラ フミ)

秋田県生まれ。『裏閻魔』で第1回ゴールデン・エレファント賞を受賞し、デビュー。他の著作に『陰陽師と無慈悲なあやかし』『なぞとき紙芝居』「夜見師」シリーズなど。秋田県在住。

オンライン書店で見る