有楽斎の戦

講談社文庫
ウラクサイノイクサ
  • 電子あり
有楽斎の戦
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

茶の湯を後世に残す。それが私の復讐だ!

戦国時代、数多の武将を狂わせた茶の湯。その大成者・千利休の志を受け継いだ男は、なんとあの織田信長の弟だった! 戦が苦手でも、出世ができなくてもーー。兄・信長を恐れ、戦いから逃げてばかりいた男・織田有楽斎が、戦国の世を生き延び、やがて茶の湯を大成して後世に残すまでを描いた傑作連作短篇集。〈解説〉田口幹人

本能寺の変 源五郎の道
本能寺の変 宗室の器
関ヶ原の戦い 有楽斎の城
関ヶ原の戦い 秀秋の戯
大坂の陣 忠直の檻
大坂の陣 有楽斎の戦

目次

  • 本能寺の変 源五郎の道
  • 本能寺の変 宗室の器
  • 関ヶ原の戦い 有楽斎の城
  • 関ヶ原の戦い 秀秋の戯
  • 大坂の陣 忠直の檻
  • 大坂の陣 有楽斎の戦

製品情報

製品名 有楽斎の戦
著者名 著:天野 純希
発売日 2020年03月13日
価格 定価 : 本体660円(税別)
ISBN 978-4-06-519014-2
判型 A6
ページ数 320ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 「源五郎の道」…書き下ろし、「宗室の器」…『決戦!本能寺』所収、「有楽斎の城」…『決戦!関ヶ原』所収、「秀秋の戯」…『決戦!関ヶ原2』所収、「忠直の檻」…『決戦!大坂城』所収、「有楽斎の戦」…書き下ろし。 単行本|2017年8月 講談社刊。

著者紹介

著:天野 純希(アマノ スミキ)

1979年愛知県生まれ。愛知大学文学部史学科卒業後、2007年に「桃山ビート・トライブ」で第20回小説すばる新人賞を受賞しデビュー。2013年『破天の剣』で第一九回中山義秀文学賞を受賞。『雑賀のいくさ姫』で第1回日本歴史時代作家協会賞作品賞を受賞。近著に『もののふの国』など。

オンライン書店で見る