魔王城殺人事件

講談社文庫
マオウジョウサツジンジケン
  • 電子あり
魔王城殺人事件
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

星野台小五年一組の佐藤翔太たちは、探偵クラブ「51分署捜査一課」を結成する。二学期最初の活動は、町はずれに建つ洋館”デオドロス城“のガサ入れ。潜入直後、突然ゾンビ女(?)が現れ、庭の小屋の中で消失する。後日、再潜入した翔太らは、今度は小屋の中で死体を発見する。
本格ミステリの楽しさ満載の一冊。

製品情報

製品名 魔王城殺人事件
著者名 著:歌野 晶午
発売日 2020年03月13日
価格 定価 : 本体620円(税別)
ISBN 978-4-06-518926-9
判型 A6
ページ数 256ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本作品は、2004年9月、「ミステリーランド」のために書き下ろされたものを2012年5月、講談社ノベルスとして刊行しました。

著者紹介

著:歌野 晶午(ウタノ ショウゴ)

1988年『長い家の殺人』でデビュー。2004年『葉桜の季節に君を想うということ』で第57回日本推理作家協会賞、第4回本格ミステリ大賞をダブル受賞。’10年『密室殺人ゲーム2.0』で第10回本格ミステリ大賞をふたたび受賞。著作多数。近著に『ずっとあなたが好きでした』『Dの殺人事件、まことに恐ろしきは』『間宵の母』など。

オンライン書店で見る