密室殺人ゲーム・マニアックス

ミッシツサツジンゲームマニアックス
  • 電子のみ
密室殺人ゲーム・マニアックス
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

〈頭(とう)狂(きょう)人(じん)〉〈044APD〉〈aXe(アクス)〉〈ザンギャ君〉〈伴(ばん)道(どう)全(ぜん)教授〉。奇妙なハンドルネームを持つ5人がネット上で仕掛ける推理バトル。出題者は実際に密室殺人を行い、トリックを解いてみろ、とチャットで挑発を繰り返す。謎解きゲームに勝つため、それだけのために人を殺す非情な連中の命運は、いつ尽きる!?

©Shogo Utano

製品情報

製品名 密室殺人ゲーム・マニアックス
著者名 著:歌野 晶午

著者紹介

著:歌野 晶午(ウタノ ショウゴ)

1961年千葉県生まれ。’88年、島田荘司氏の推薦を受け『長い家の殺人』でデビュー。2004年に『葉桜の季節に君を想うということ』(文春文庫)で第57回日本推理作家協会賞を受賞。『死体を買う男』『安達ヶ原の鬼密室』『新装版 長い家の殺人』『新装版 白い家の殺人』『新装版 動く家の殺人』『新装版 ROMMY 越境者の夢』『増補版 放浪探偵と七つの殺人』『新装版 正月十一日、鏡殺し』『密室殺人ゲーム 王手飛車とり』『密室殺人ゲーム2.0』(以上、講談社文庫)、『魔王城殺人事件』(講談社)、『ハッピーエンドにさよならを』『家守』(ともに角川文庫)、「舞田ひとみ』シリーズ(光文社文庫)、『絶望ノート』(幻冬舎文庫)、『春から夏、やがて冬』(文春文庫)、『ずっとあなたが好きでした』(文藝春秋)など著書多数。2010年、『密室殺人ゲーム2.0』で第10回本格ミステリ大賞受賞。

オンライン書店で見る