雨あがる 映画化作品集

講談社文庫
アメアガルエイガカサクヒンシュウ
  • 電子あり
雨あがる 映画化作品集
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

安宿で妻と暮らす浪人の伊兵衛は、学問から武芸まで器用にこなす。
だが、優しすぎる性分ゆえ、仕官が決まりかけては立ち消えになる日々が続いていた。
ある日、喧嘩の仲裁で見せた刀の腕前が藩の老職の目に留まるも――。(雨あがる)


本作では、黒澤明に「赤ひげ」として映画化された「狂女の話」をはじめ、「深川安楽亭」「雨あがる」など名作六篇を収録。
名監督も惹かれた世界をご堪能ください。

目次

  • 狂女の話
  • 五瓣の椿 第六話
  • 深川安楽亭
  • 街へゆく電車
  • ひとごろし
  • 雨あがる

製品情報

製品名 雨あがる 映画化作品集
著者名 著:山本 周五郎
発売日 2020年02月14日
価格 定価 : 本体650円(税別)
ISBN 978-4-06-518651-0
判型 A6
ページ数 304ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 「狂女の話」(赤ひげ診療譚」より)…「オール讀物」(文藝春秋)1958年3月号、「五瓣の椿 第六話」…「講談倶楽部」(講談社)1959年9月号、「深川安楽亭」…「小説新潮」(新潮社)1957年1月号、「街へゆく電車」(「季節のない街」より)…「朝日新聞夕刊」(朝日新聞社)1962年4月1日~4月9日、「ひとごろし」…「別冊文藝春秋」(文藝春秋)1964年10月、「雨あがる」…「サンデー毎日臨時増刊涼風特別号」(毎日新聞社)1951年7月1日。

著者紹介

著:山本 周五郎(ヤマモト シュウゴロウ)

1903年、山梨県に生まれる。本名は清水三十六(さとむ)。小学校卒業後、銀座の質屋で奉公、後に筆名としてその名を借りることになる店主・山本周五郎の庇護のもと、同人誌などに小説を書き始める。1926年、「文藝春秋」に『須磨寺附近』を発表、文壇デビュー。その後、不遇の時代が続くが、時代小説作家として認められはじめる。戦中から戦後まで連載が続けられた『日本婦道記』(1942-1946)で直木賞に推されるが辞退。主な代表作に『樅ノ木は残った』(1958)、『赤ひげ診療譚』(1958)、『青べか物語』(1960)、『おさん』(1961)などがある。1967年、逝去。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る