疑薬

講談社文庫
ギヤク
  • 電子あり
疑薬
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

十年前に失明した母と暮らす生稲怜花は、ある日矢島という記者に声をかけられる。
老人ホームで起きたインフルエンザの集団感染。その死亡者に処方されていたのは、母の治療に使われたのと同じ新薬「シキミリンβ」だというのだ。

母の失明の原因は――まさか。

乱歩賞作家が描く、製薬会社やマスコミ、数多の謀略が交差する圧巻のミステリー。

製品情報

製品名 疑薬
著者名 著:鏑木 蓮
発売日 2020年11月13日
価格 定価 : 本体840円(税別)
ISBN 978-4-06-521611-8
判型 A6
ページ数 464ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 この作品は、2017年5月に小社より単行本として刊行されました。

著者紹介

著:鏑木 蓮(カブラギ レン)

鏑木 蓮(かぶらぎ・れん)
1961年、京都市生まれ。
2006年、『東京ダモイ』で第52回江戸川乱歩賞を受賞しデビュー。
社会派ミステリー『白砂』(双葉社)が大ヒットした。他の作品に、『エンドロール』(早川書房)『転生』(KADOKAWA)『見えない鎖』『黒い鶴』(潮出版社)『屈折光』『救命拒否』『真友』『甘い罠』『京都西陣シェアハウス  憎まれ天使・有村志穂』「片岡真子シリーズ」(講談社)などがある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る