スポーツのおはなし 卓球 ピンポン兄弟 ゆめへスマッシュ!

スポーツノオハナシタッキュウピンポンキョウダイユメヘスマッシュ
  • 電子あり
スポーツのおはなし 卓球 ピンポン兄弟 ゆめへスマッシュ!
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

●オリンピックの種目をテーマにした童話シリーズ「スポーツのおはなし」。
2020年の東京オリンピックに向けて、新しくとりあげられた種目も含め、10人の豪華執筆陣がスポーツをテーマに描き下ろした、小学中級向けの創作童話です。

●あらすじ
祐樹は卓球大好きな小学3年生。去年、全日本選手権カブの部(10歳までの選手が出場する部)でベスト16に入って、コーチにも将来を期待されている!それからは、ナショナルチームに入ることが夢の一つになった。この次の試合で上位に入れば、憧れのナショナルチーム入り!
気合十分でのぞんだ試合だったのに結果はボロ負け。。同い年でもこんなにたくさんすごい人がいることを知った祐樹は落ち込む。
でも、卓球クラブの宮崎コーチは、祐樹の意外な才能を見出してくれて励ましてくれる。
それから特別な訓練を受けだすと、オリンピック出場を狙う選手たちは、さまざまな悩みがあることをしる。卓球が好きだから強くなりたい!気持ちに気づく祐樹。
弟の元樹も卓球をはじめ、ぐんぐん才能を伸ばしてきた。弟には負けられない!もっと強くなりたい!卓球で強くなることを目指す兄弟の物語。

●シリーズ「オリンピックのおはなし」の特色
・各児童文学賞受賞作家やベストセラー作家など、現代を代表する一流童話作家の書き下ろし。
・「物語の楽しさ」を第一に書かれた作品は、どの一冊をとっても、すぐれた童話作品として楽しむことができます。
また、シリーズを通して読むことで、さまざまなスポーツの特色や魅力に触れることができ、スポーツへの興味が深まります。
・ほぼすべての見開きに、実力ある画家によるイラストが入っていて、低学年から、ひとりで読めます。
・巻末に収録したコラムページで、スポーツへの理解が深まります。
・A5判、80ページ(一部カラー)。朝読書にもぴったりのボリュームです。

●シリーズ「スポーツのおはなし」のラインアップ
卓球(吉野万理子)
体操(小林深雪)
リレー(小手鞠るい)
空手(くすのきしげのり)
サーフィン(工藤純子)
野球(あさのあつこ)
バトミントン(落合由佳)
テニス(福田隆浩)
柔道(須藤靖貴)
スポーツクライミング(樫崎茜)

製品情報

製品名 スポーツのおはなし 卓球 ピンポン兄弟 ゆめへスマッシュ!
著者名 作:吉野 万理子 絵:サトウ ユカ
発売日 2019年11月21日
価格 定価 : 本体1,250円(税別)
ISBN 978-4-06-517472-2
判型 A5
ページ数 80ページ

著者紹介

作:吉野 万理子(ヨシノ マリコ)

1970年生まれ。神奈川県出身。作家、脚本家。2005年、『秋の大三角』(新潮社)で第1回新潮エンターテインメント新人賞を受賞。児童書の作品に、シリーズ20万部を超え、文庫化もされた『チームふたり』などの「チーム」シリーズ(学研プラス)や「100%ガール」シリーズ、『時速47メートルの疾走』『赤の他人だったら、どんなによかったか。』、「ライバル・オン・アイス」シリーズ(以上講談社)などがある。『劇団6年2組』『ひみつの校庭』(ともに学研プラス)で、うつのみやこども賞受賞。童話に『おしごとのおはなし パイロット パイロットのたまご』『どうぶつのかぞく ペンギン はらぺこペンギンのぼうけん 』(いずれも講談社)などがある。

絵:サトウ ユカ(サトウ ユカ)

東京デザイナー学院グラフィックデザイン科イラストレーション専攻卒。さし絵の作品に「ランプの精 リトル・ジーニー」シリーズ(ポプラ社)、「マグネットドールハウス」シリーズ(ポプラ社)、『強くてゴメンね』(令丈ヒロ子作、あかね書房)、「こちら動物のお医者さん」シリーズ(ほるぷ出版)、『おしごとのおはなし 獣医さん めざせ!  動物のお医者さん』などがある。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る