はりねずみのルーチカ  トゥーリのひみつ

ハリネズミノルーチカトゥーリノヒミツ
  • 電子あり
はりねずみのルーチカ  トゥーリのひみつ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「はりねずみのルーチカ」シリーズ10冊目は、トゥーリのかくされた過去のお話です。

ある春の夜、フェリエの桜の森で夜桜パーティーが開かれます。
花見でみんながにぎわうなか、トゥーリが、一本の古くて大きな桜の木の下にだけ、誰もすわっていないことに気がつきます。
その理由をルーチカたちにたずねると、その桜の木の下にうめられているという、ある宝の石の伝説を聞かされます。
フェリエの国には、実は大切な宝の石が三つかくされていて、そのひとつひとつが、フェリエの国の平和と豊かさを
守ってくれているという伝説があること。そしてもしも、その石がなくなってしまったら、
フェリエの国にわざわいがおこるかもしれないことを。
そんなとき、夜桜パーティーの余興として、手品を見せてくれるという旅人の手品師がやってきて……。

製品情報

製品名 はりねずみのルーチカ  トゥーリのひみつ
著者名 作:かんの ゆうこ 絵:北見 葉胡
発売日 2020年03月11日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-516963-6
判型 A5
ページ数 162ページ
シリーズ わくわくライブラリー

著者紹介

作:かんの ゆうこ(カンノ ユウコ)

東京都生まれ。東京女学館短期大学文科卒業。 『ソラタとヒナタ』シリーズ(絵・くまあやこ)、『白うさぎと天の音 雅楽のおはなし』(絵・東儀秀樹)(以上、講談社)、 『とびらの向こうに』(絵・みやこしあきこ/岩崎書店)。 絵本に、『ふゆねこ』(絵・こみねゆら)をはじめとする『四季ねこえほん』シリーズ、『はこちゃん』(絵・江頭路子)、 「星うさぎと月のふね」(絵・田中鮎子)(以上、講談社)などがある。

絵:北見 葉胡(キタミ ヨウコ)

1957年、神奈川県生まれ。武蔵野美術短期大学卒業。主な絵本に『カノン』、『なつねこ』(以上、文・かんのゆうこ 講談社)、「絵本・グリム童話」シリーズ(訳・那須田淳 岩崎書店)など、装画・挿絵に「安房直子コレクション」(偕成社)など。2005年『タマリンとポチロー』(講談社)、2015年『マッチ箱のカーニャ』(白泉社)でボローニャ国際絵本原画展入選、2009年『ルウとリンデン 旅とおるすばん』(作・小手鞠るい 講談社)でボローニャ国際児童図書賞(ラガッツィ賞)受賞。「はりねずみのルーチカ」童話シリーズ(講談社)の装画を担当。

オンライン書店で見る