さよならが言えるその日まで

文芸(単行本)
サヨナラガイエルソノヒマデ
  • 電子あり
さよならが言えるその日まで
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ねぇ、嘘だって言ってよ、お父さん――。

その日、ありふれた日常がひっくり返った。
教え子を誘拐したまま、事故死した父。
親族、警察、マスコミーー誰も何もわかってない!
遺された娘は、父の名誉にかけて、真相を追う。

このほろ苦さ、感涙必至! 「家族のカタチ」を問う傑作ミステリー!


静岡県沼津市で交通事故が発生、運転していた小学校教諭の森遠謙介が死亡した。
一人娘の伊緒が悲嘆にくれる中、驚愕の事実が判明する。
事故発生日の未明から、謙介の教え子である恩田六助の行方がわからなくなっていたが、
その痕跡が車内から発見されたという。
お前の父親は誘拐犯だ!
周囲からの非難、マスコミの追及、警察の圧迫――。
折れそうな心を奮い立たせ、真実を知るため、伊緒は六助を捜し始める。

製品情報

製品名 さよならが言えるその日まで
著者名 著:高木 敦史
発売日 2020年02月27日
価格 定価 : 本体1,550円(税別)
ISBN 978-4-06-518657-2
判型 四六変型
ページ数 322ページ

著者紹介

著:高木 敦史(タカギ アツシ)

第13回学園小説大賞にて「なしのすべて」で優秀賞を受賞。2010年『“菜々子さん”の戯曲』でデビュー。同作は「このライトノベルがすごい! 2012年」で53位にランクインするなど、注目を集める。他の著作に、『演奏しない軽音部と4枚のCD』『お口直しには、甘い謎を』『針町あかねは壁がある カメラ小僧と暗室探偵』『のど自慢殺人事件』『僕と彼女の嘘つきなアルバム』などがある。

オンライン書店で見る