仕事としての学問 仕事としての政治

講談社学術文庫
シゴトトシテノガクモンシゴトトシテノセイジ
  • 電子あり
仕事としての学問 仕事としての政治
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

+ もっとみる

目次

  • 仕事としての学問
  • 仕事としての政治
  • 訳者あとがき
  • 関連年表

製品情報

製品名 仕事としての学問 仕事としての政治
著者名 著:マックス・ウェーバー 訳:野口 雅弘
発売日 2018年07月12日
価格 定価:1,166円(本体1,060円)
ISBN 978-4-06-512219-8
通巻番号 2500
判型 A6
ページ数 232ページ
シリーズ 講談社学術文庫

著者紹介

著:マックス・ウェーバー(マックス・ウェーバー)

1864-1920年。西洋近代について考察したドイツの法学者・経済学者・社会学者。代表作は、本書に収められた講演(1919年公刊)のほか、『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』(1920年)など。

訳:野口 雅弘(ノグチ マサヒロ)

1969年生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士課程単位取得退学。哲学博士(ボン大学)。現在、成蹊大学教授。専門は、政治学・政治思想史。著書に『闘争と文化』、『官僚制批判の論理と心理』、『比較のエートス』。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る