自由になるための技術 リベラルアーツ

ジユウニナルタメノギジュツリベラルアーツ
  • 電子あり
自由になるための技術 リベラルアーツ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

リベラルアーツとは、「自由になるための手段」にほかならない。
自分たちを縛り付ける固定観念や常識から解き放たれ、自らの価値基準を持って行動するために。
いままでの正解が突破するヒントがここにある。
独立研究家・山口周が、哲学・歴史・美術・宗教など知の達人たちと、リベラルアーツの力を探る。

【主な内容】
「なぜチャーチルは周囲の反対を押し切ってナチスと対峙できたのか」
「日本企業の生産性の低い根本的原因とは」
「考える力の鍛え方」
「なぜ近代化はキリスト教社会から始まったのか」
「イノベーションに重要な「神」の視点」
「最新のリーダー育成のキーコンセプトと禅の共通点」
「なぜ、エリートの多い組織で不祥事が頻発するのか」
「予測不能な時代に対処する三つのPとは」
「かつてのローマ帝国にあって現代日本にないもの」

【構成】
第1章 リベラルアーツはなぜ必要か
第2章 歴史と感性 対談:中西輝政、
第3章 「論理的に考える力」が問われる時代に 対談:出口治明
第4章 グローバル社会を読み解くカギは宗教にある 対談:橋爪大三郎
第5章 人としてどう生きるか 対談:平井正修
第6章 組織の不条理を超えるために  対談:菊澤研宗
第7章 ポストコロナ社会における普遍的な価値とは 対談:矢野和男
第8章 パンデミック後に訪れるもの 対談:ヤマザキマリ
終 章 武器としてのリベラルアーツ

製品情報

製品名 自由になるための技術 リベラルアーツ
著者名 著:山口 周
発売日 2021年03月03日
価格 定価:1,760円(本体1,600円)
ISBN 978-4-06-522268-3
判型 四六
ページ数 290ページ
初出 本書のベースになった対談は、2019年3月~2020年7月、日立Webマガジン「Executive Foresight Online」上で、「山口周の『経営の足元を築くリベラルアーツ』」として、掲載されたもの。本書は左記連載に大幅加筆、書き下ろしも加えて構成したもの。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る