社会学的方法の規準

講談社学術文庫
シャカイガクテキホウホウノキジュン
  • 電子あり
社会学的方法の規準
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

+ もっとみる

目次

  • 第一版序文
  • 第二版序文
  • 序 論
  • 第一章 社会的事実とは何か
  • 第二章 社会的事実の観察に関する規準
  • 第三章 正常なものと病理的なものの区別に関する規準
  • 第四章 社会類型の構成に関する規準
  • 第五章 社会的事実の説明に関する規準
  • 第六章 証明の実施に関する規準
  • 結 論
  • 訳者解説

製品情報

製品名 社会学的方法の規準
著者名 著:エミール・デュルケーム 訳:菊谷 和宏
発売日 2018年06月11日
価格 定価:1,155円(本体1,050円)
ISBN 978-4-06-511846-7
通巻番号 2501
判型 A6
ページ数 264ページ
シリーズ 講談社学術文庫

著者紹介

著:エミール・デュルケーム(エミール・デュルケーム)

1858-1917年。フランスの社会学者。マックス・ウェーバーと並ぶ社会学の創始者。代表作は、本書(1895年)のほか、『自殺論』(1897年)、『宗教生活の基本形態』(1912年)など。

訳:菊谷 和宏(キクタニ カズヒロ)

1969年生まれ。一橋大学大学院社会学研究科教授。博士(社会学、一橋大学)。専門は、社会学・社会学史、社会哲学・社会思想史。著書に『トクヴィルとデュルケーム』、『「社会」の誕生』、『「社会」のない国、日本』など。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る