アンコール

講談社選書メチエ
アンコール
アンコール
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

+ もっとみる

おすすめの本

目次

  • I 享楽について
  • II ヤコブソンに
  • III 書かれたものの機能
  • IV 愛とシニフィアン
  • V アリストテレスとフロイト:他〔者〕の満足
  • VI 神と斜線を引かれた女の享楽
  • VII 愛〔魂〕のひとつの手紙〔文字〕
  • VIII 知と真理
  • IX バロックについて
  • X ひもの輪
  • XI 迷路のなかのネズミ

製品情報

製品名 アンコール
著者名 著:ジャック・ラカン 訳:藤田 博史 訳:片山 文保
発売日 2019年04月12日
価格 定価:2,145円(本体1,950円)
ISBN 978-4-06-515340-6
通巻番号 698
判型 四六
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

著者紹介

著:ジャック・ラカン(ジャック・ラカン)

1901-81年。フランスの精神分析家。パリ大学医学部などで学び、サン=タンヌ病院などで臨床に専念。1964年にはパリ・フロイト派を創設した。1953年から始められたセミネールは多くの聴衆を集めるとともに、大きな影響を与え続けている。著書に、『エクリ』(全3巻、弘文堂)。

訳:藤田 博史(フジタ ヒロシ)

1955年生。精神科医。信州大学医学部卒業。フランス国立ニース大学文学部哲学科博士課程、医学部精神医学専門医課程を経て、現在、医療法人ユーロクリニーク理事長・院長。著書に、『精神病の構造』、『性倒錯の構造』、『幻覚の構造』(以上、青土社)ほか。訳書に、ジャック・ラカン『テレヴィジオン』(講談社学術文庫)ほか。

訳:片山 文保(カタヤマ フミヤス)

1951年生。慶應義塾大学文学部卒業。文学博士(フランス国立ニース大学)。現在、明星大学教育学部教授。専門は、フランス現代思想・精神分析。論文に、「自我と欲動」、「機知と他者」(以上、『明星大学研究紀要 人文学部』)、「絵画と構造」(『I.R.S.』)ほか。訳書に、ジャック・ラカン『テレヴィジオン』(講談社学術文庫)。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス