好きになる病理学 第2版

スキニナルビョウリガクダイ2ハン
  • 電子あり
好きになる病理学 第2版
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

カラー化し、免疫染色、遺伝子検査などの最新情報を追加した改訂版。
看護学生の咲希と、医学生の壮健が、病理学研究室を訪れて、病理学の勉強をしていきます。
豊富な写真とイラストで、物語を読むように気軽に基本が学べます。
病理医や臨床検査技師の仕事の内容もわかります。

病理診断って何?
良性か悪性の腫瘍かって、どう判断するの? 
基本事項の習得に役立つまとめ付きで、実力も身につく「病理学の入門書」です。

【目次】
プロローグ 病理学って何?
第1講 病気の原因(外因と内因)
第2講 細胞が衰え、機能が乱れる(退行性病変)
第3講 組織が増生する、再生する(進行性病変)
第4講 血流とリンパ流の障害(循環障害)
第5講 生体の防御反応(炎症と免疫1)
第6講 アレルギーと臓器移植(炎症と免疫2)
第7講 がんの姿・形(腫瘍)
第8講 先天的な体の形の異常(奇形)
第9講 循環器の疾患(心臓と脈管)
第10講 消化器の疾患1(消化管)
第11講 消化器の疾患2(代謝臓器)
第12講 呼吸器の疾患(鼻から肺へ)
第13講 血液・造血器の疾患(血液・リンパ節など)
第14講 内分泌器の病理(ホルモンの分泌器)
第15講 神経系の疾患(脳・脊髄)
第16講 泌尿器の疾患(尿の通り道)
第17講 女性の疾患(子宮・乳腺など)
第18講 男性の疾患(精巣・前立腺など)
第19講 運動器の疾患(筋肉・骨)
第20講 感覚器の疾患(眼と耳)

目次

  • プロローグ 病理学って何?
  • 第1講 病気の原因(外因と内因)
  • 第2講 細胞が衰え、機能が乱れる(退行性病変)
  • 第3講 組織が増生する、再生する(進行性病変)
  • 第4講 血流とリンパ流の障害(循環障害)
  • 第5講 生体の防御反応(炎症と免疫1)
  • 第6講 アレルギーと臓器移植(炎症と免疫2)
  • 第7講 がんの姿・形(腫瘍)
  • 第8講 先天的な体の形の異常(奇形)
  • 第9講 循環器の疾患(心臓と脈管)
  • 第10講 消化器の疾患1(消化管)
  • 第11講 消化器の疾患2(代謝臓器)
  • 第12講 呼吸器の疾患(鼻から肺へ)
  • 第13講 血液・造血器の疾患(血液・リンパ節など)
  • 第14講 内分泌器の病理(ホルモンの分泌器)
  • 第15講 神経系の疾患(脳・脊髄)
  • 第16講 泌尿器の疾患(尿の通り道)
  • 第17講 女性の疾患(子宮・乳腺など)
  • 第18講 男性の疾患(精巣・前立腺など)
  • 第19講 運動器の疾患(筋肉・骨)
  • 第20講 感覚器の疾患(眼と耳)

製品情報

製品名 好きになる病理学 第2版
著者名 著:早川 欽哉
発売日 2019年10月27日
価格 定価 : 本体2,200円(税別)
ISBN 978-4-06-517109-7
判型 A5
ページ数 272ページ
シリーズ KS好きになるシリーズ

著者紹介

著:早川 欽哉(ハヤカワ キンヤ)

1969年北海道大学医学部医学科卒業。JR東京総合病院臨床検査科部長、大東文化大学スポーツ・健康科学部教授を経て、現在、板橋中央臨床検査研究所病理部。
医学博士。

オンライン書店で見る