免疫の守護者 制御性T細胞とはなにか

ブルーバックス
メンエキノシュゴシャセイギョセイティーサイボウトハナニカ
  • 電子あり
免疫の守護者 制御性T細胞とはなにか
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

最新免疫学が教える「非自己」と「自己」とは
私たちの免疫系は、なぜ自己の細胞や抗原に対して反応しないのか?
免疫学の最大の謎ともいえる「免疫自己寛容」の解明に長年取り組んできた著者が、世界で初めて発見した「制御性T細胞」。免疫学にパラダイム・シフトをもたらし、」「がん」や「自己免疫疾患」の治療や「臓器移植」に革命をもたらすとされる研究の最前線に迫る。

坂口志文(さかぐち・しもん)
大阪大学免疫学フロンティア研究センター特任教授。1951年滋賀県生まれ。1976年京都大学医学部卒業。医学博士。1999年京都大学再生医科学研究所教授、同研究所長を経て、2011年大阪大学免疫学フロンティア研究センター教授。2016年から現職。過剰な免疫反応を抑える「制御性T細胞」を発見。2015年ガードナー国際賞、2019年文化勲章、2020年ロベルト・コッホ賞など、内外の受賞多数。


第1章 ヒトはなぜ病気になるのか
第2章 「胸腺」に潜む未知なるT細胞
第3章 制御性T細胞の目印を追い求めて
第4章 サプレッサーT細胞の呪縛
第5章 Foxp3遺伝子の発見
第6章 制御性T細胞でがんに挑む
第7章 制御性T細胞が拓く新たな免疫医療
第8章 制御性T細胞とは何者か

目次

  • 第1章 ヒトはなぜ病気になるのか
  • 第2章 「胸腺」に潜む未知なるT細胞
  • 第3章 制御性T細胞の目印を追い求めて
  • 第4章 サプレッサーT細胞の呪縛
  • 第5章 Foxp3遺伝子の発見
  • 第6章 制御性T細胞でがんに挑む
  • 第7章 制御性T細胞が拓く新たな免疫医療
  • 第8章 制御性T細胞とは何者か

製品情報

製品名 免疫の守護者 制御性T細胞とはなにか
著者名 著:坂口 志文 著:塚﨑 朝子
発売日 2020年10月22日
価格 定価 : 本体1,100円(税別)
ISBN 978-4-06-517284-1
通巻番号 2109
判型 新書
ページ数 264ページ
シリーズ ブルーバックス

著者紹介

著:坂口 志文(サカグチ シモン)

(さかぐち・しもん)
大阪大学免疫学フロンティア研究センター特任教授。1951年滋賀県生まれ。1976年京都大学医学部卒業。医学博士。1999年京都大学再生医科学研究所教授、同研究所長を経て、2011年大阪大学免疫学フロンティア研究センター教授。2016年から現職。過剰な免疫反応を抑える「制御性T細胞」を発見。2015年ガードナー国際賞、2019年文化勲章、2020年ロベルト・コッホロコッホ賞など、内外の受賞多数。

(つかさき・あさこ)
ジャーナリスト。読売新聞記者を経て、医学・医療、科学・技術分野を中心に執筆多数。国際基督教大学卒業、筑波大学大学院および東京医科歯科大学大学院修士課程修了。慶應義塾大学非常勤講師。主な著書に『世界を救った日本の薬』『新薬に挑んだ日本人科学者たち』(講談社)、『患者になった名医たちの選択』(朝日新聞出版)など。

著:塚﨑 朝子(ツカサキ アサコ)

ジャーナリスト。読売新聞記者を経て、医学・医療、科学・技術分野を中心に執筆多数。国際基督教大学教養学部理学科卒業、筑波大学大学院経営・政策科学研究科修士課程修了、東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科修士課程修了。専門は医療政策学、医療管理学。著書に『新薬に挑んだ日本人科学者たち』『慶應義塾大学病院の医師100人と学ぶ病気の予習帳』『世界を救った日本の薬』(講談社)、『iPS細胞はいつ患者に届くのか』(岩波科学ライブラリー)などがある

オンライン書店で見る