おしゃれの練習帖  理論派スタイリストが伝授

講談社の実用書
オシャレノレンシュウチョウリロンハスタイリストガデンジュ
  • 電子あり
おしゃれの練習帖  理論派スタイリストが伝授
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

+ もっとみる

おすすめの本

目次

はじめに

第1章 無駄なものは一着もない、ワードローブ作り
 間違いと無駄のない、ワードローブの揃え方
 信頼するショップは最強の味方
 「買い方」にはルールがある
 セールとは適正な距離を置く
 店員さんとの理想的な付き合い方
 買い物はイメージ作りから始まる
 買い物は順番が一番大切
 流行の取り入れ方──“2”の法則
 ベースはボトム。ボトム3着を基本に
 「手放す」ことを恐れない
 私のおしゃれの定番──一生愛せるもの──

 一生愛せるもの
 ジョンスメドレーのカーディガン
 ミカコナカムラのカシミアコート


第2章 「私の体型」は私だけの宝物
 「着やせ」は全く意味がない
 二の腕と膝──絶対隠すか、絶対出すか。2つに1つ
 体型別 黄金比率の見つけ方
  小柄さん
  大柄さん


第3章 素材と肌で見せる春夏のおしゃれ
 春のおしゃれは季節を先取りしない
 春先は、服のレイヤード
 真っ先に替えたいのはバッグ
 春は、「色」ではなく「シャツ」で始める
 Vあきニットの出番
 ストールは巻き方を変えて元をとる
 メインのコートはトレンチ
 服の色を急に明るくするのは危険
 レザーのジャケットは、春に手に入れる
 夏のおしゃれに一番必要なのは、決断力
 肌を焼くのか、美白を守るのかを決める
 夏のシャツは絶対にリネン


第4章 秋冬は重ねるおしゃれを楽しむ
 秋は最もおしゃれが楽しめる季節
 髪の色を1トーン落ち着かせる
 いち早く投入するのはサマーウールのボトム
 「使える」カーディガンは、1タイプだけ
 「極薄のカシミアニット」の理由
 パールが最も似合う季節
 時計を手元のコーディネートのメインにする
 アニマル柄の小物も大活躍
 最初に買うべきものはバッグ
 トレンチコートを買うなら冬
 「コートを脱いでも」素敵でいたい


あとがき

製品情報

製品名 おしゃれの練習帖  理論派スタイリストが伝授
著者名 著:大草 直子
発売日 2011年03月11日
価格 定価:1,320円(本体1,200円)
ISBN 978-4-06-299732-4
判型 四六
ページ数 146ページ

著者紹介

著:大草 直子(オオクサ ナオコ)

1972年、東京生まれ。スタイリスト、エディター。大学卒業後、出版社に就職、女性誌「ヴァンテーヌ」「25ans」で編集の仕事に携わる。退職後、フリーで「CLASSY」「Grazia」などファッション誌を中心に、スタイリスト、編集経験をいかしエディターとしても、活躍中。「毎日新聞」の別刷りSTYLE EDITIONの製作にも携わる。コンサバスタイルをベースに、トレンドを取り入れたり、個性をプラスしたり、そのさじ加減は絶妙。今着たいもの、自分らしいスタイルを引き出すテクニックは、毎日のコーディネートにすぐ活かせると評判。理論的にわかりやすい説明は、他のスタイリストとは一線を画す。トークショー、セミナーでも人気。女の子2人、男の子の3人の子を持つワーキングマザー。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る