検証 甲子園 2010

ケンショウコウシエンニセンジュウ
著・編:田尻 賢誉
検証 甲子園 2010
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

昨年好評を博した『検証甲子園』シリーズの第二弾!
今年は高校野球専門サイト『高校野球情報.com』とコラボレーションし、実に1000万PVを記録しました。
サイトで人気を博した試合観戦記は、厳選・大幅加筆修正の上、さらに追加。本書では名門校・有力選手の軌跡を追った、書き下ろしコラム4本を収録しています。さらに10.30ドラフト会議で必携の、ドラフト候補選手201人を網羅した写真つきリスト入り。
本書は第92回全国高等学校野球選手権大会を多角的な視点から“検証”しました。
“逸材”と呼ばれる選手たちの分析、地方大会にあった感動のストーリー、私学に挑む公立校の挑戦、強豪校の選手・監督のホンネ、勝敗を分けたポイントとは……。高校球児ら約800人が登場します。
高校野球の魅力を余すところ無く伝えようと試みた、貪欲な1冊です。

■興南「春夏連覇」の源
■一二三慎太(東海大相模) 決勝戦4日後の告白「誰にも言わなかった右肩痛」
■愛工大名電、柳ヶ浦「友の死を乗り越えて」
■全国地方大会観戦記 北海道から九州まで26都道府県
■奈良県立桜井高校が目指す「新しい高校野球のかたち」
■甲子園観戦記「勝敗を分けるもの」
■ドラフト金の卵201人リスト
など

製品情報

製品名 検証 甲子園 2010
著者名 著・編:田尻 賢誉
発売日 2010年10月09日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-295063-3
判型 四六
ページ数 328ページ
初出 「高校野球情報.com」の企画「検証甲子園」、「スポーツナビ」掲載原稿を大幅に加筆・修正し、新たに書き下ろし原稿を加えたもの。

著者紹介

著・編:田尻 賢誉(タジリ マサタカ)

(たじり・まさたか)
75年神戸生まれ。熊谷高、学習院大を卒業後、ラジオ日本勤務、アメリカでの日本語教師ボランティアを経て独立。スポーツジャーナリストとして高校野球、プロ野球、メジャーリーグなど幅広く取材活動を行っているほか、中高生、指導者への講演活動も行っている。著書に『あきらめない限り、夢は続く』(講談社)、『公立魂~鷲宮高校野球部の挑戦~』『高校野球 弱者の戦法』『沖縄力』(日刊スポーツ出版社)など。