駐在刑事 尾根を渡る風

講談社文庫
チュウザイケイジオネヲワタルカゼ
  • 電子あり
  • 映像化
駐在刑事 尾根を渡る風
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

取り調べ中に容疑者が自殺、青梅警察署水根駐在所へと降格された元刑事・江波敦史。奥多摩の穏やかな暮らしにも慣れ、自分を取り戻していた。そんなある日、御前山でいなくなったペット犬捜しを頼まれた彼は、山で何者かが仕掛けた罠を発見。それは隣県で発生した殺人事件の証拠だった。シリーズ第2弾!

目次

  • 花曇りの朝
  • 仙人の消息
  • 冬の序章
  • 尾根を渡る風
  • 十年後のメール

製品情報

製品名 駐在刑事 尾根を渡る風
著者名 著:笹本 稜平
発売日 2016年10月14日
価格 定価 : 本体720円(税別)
ISBN 978-4-06-293519-7
判型 A6
ページ数 368ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2013年11月、小社より単行本として刊行されました。

オンライン書店で見る