名花散る 宗元寺隼人密命帖(三)

講談社文庫
メイカチルソウゲンジハヤトミツメイチョウ3
名花散る 宗元寺隼人密命帖(三)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

伊賀に狙われる宿命をもつ宗元寺隼人は、老中松平和泉守の甥。甲賀忍の小四郎、弥生に定町廻りの秋山平内らを味方にしている。旗本、商家から男女の心中、蕎麦売りまで一夜に五組の死があった晩、柳橋芸者の小菊も殺されてしまう。誰が、なぜ? 小菊がかつて引き裂かれた相手を隼人に重ねていたことを知り、傷心の隼人は、五組の事件の背後を調べ始める。甲賀伊賀の抗争勃発か。隼人は真相をたぐり寄せることができるのか?

製品情報

製品名 名花散る 宗元寺隼人密命帖(三)
著者名 著:荒崎 一海
発売日 2016年09月15日
価格 定価 : 本体700円(税別)
ISBN 978-4-06-293492-3
判型 A6
ページ数 368ページ
シリーズ 講談社文庫

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス