峠越え

講談社文庫
トウゲゴエ
  • 電子あり
峠越え
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

弱小の家に生まれ、幼少期を人質として過ごした家康は、織田と同盟を組むが、家臣同然の忍従を強いられる。信長の命で堺にいるとき、本能寺の変が起きた。三河へ戻るには、明智の追っ手から逃れ、敵が潜む伊賀を越えねばならぬ。杓子定規の石川数正、武田の家臣だった穴山梅雪ら、部下たちもくせ者揃い。己の凡庸さを知る家康は、四面楚歌の状況から脱出できるのか? 本能寺の大胆仮説もふくむ大仕掛け、注目の著者の歴史小説!

目次

  • 第一章 持たざる者
  • 第二章 獅子身中の虫
  • 第三章 まな板の鯉
  • 第四章 窮鼠の賭け

製品情報

製品名 峠越え
著者名 著:伊東 潤
発売日 2016年08月11日
価格 定価 : 本体700円(税別)
ISBN 978-4-06-293456-5
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2014年1月に小社より単行本として刊行されました。

オンライン書店で見る