真田幸村の妻

講談社文庫
サナダユキムラノツマ
  • 電子あり
真田幸村の妻
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

関ケ原の戦いで敗北した真田昌幸・幸村父子は、信州・上田を追われ、高野山に蟄居となる。だが、高野山は女人禁制の地、妻子は高野山口の九度山に居を構える。妻の眼から見た閑居の日々、やがて迎える凄惨な大坂の陣――綿密な取材と膨大な史料をもとに、時代に翻弄された正室・竹林院を活写する、長編歴史小説。

製品情報

製品名 真田幸村の妻
著者名 著:阿井 景子
発売日 2016年04月15日
価格 定価 : 本体680円(税別)
ISBN 978-4-06-293378-0
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は、2001年10月、光文社時代小説文庫として刊行されました。

著者紹介

著:阿井 景子(アイ ケイコ)

1932年、長崎市に生まれる。54年佐賀大学教育学部卒。高校教師を経て編集者となり、のち作家活動に入る。著書に『龍馬の妻』(ちくま文庫)、『西郷家の女たち』(文春文庫)、『濃姫孤愁』(講談社文庫)、『秀吉の野望』(光文社時代小説文庫)など多数。

オンライン書店で見る