ガダルカナル戦記(四)

講談社文庫
ガダルカナルセンキ4
  • 電子あり
ガダルカナル戦記(四)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

まさに餓島の様相を呈したガダルカナル。武器、食糧の欠乏と風土病に苦しむ三万の将兵たちは、全滅の危機に瀕していた。玉砕か撤退か。万策尽きた日本軍は、いよいよ重大な決断を迫られる。最終話となる第四巻では、ガ島上の悲惨極まる避退行と、陸海軍合同による決死のガ島脱出が敢行されるまでを活写する。

目次

  • ガダルカナル戦記〈第四巻〉
  • 【第四部】苦闘(承前)
  • 第五章 第三十八師団
  • 【第五部】撤退
  • 第一章 方面軍
  • 第二章 餓島
  • 第三章 転進命令
  • 第四章 終章
  • ガダルカナル奪回作戦陸軍部隊編成表
  • 太平洋戦争年表
  • ガダルカナル戦 関連地図
  • 参考文献
  • 講談社文庫版 あとがき
  • 〈特別付録〉亀井宏インタビュー
  • 解説 神立尚紀

製品情報

製品名 ガダルカナル戦記(四)
著者名 著:亀井 宏
発売日 2015年07月15日
価格 定価 : 本体1,050円(税別)
ISBN 978-4-06-293099-4
判型 A6
ページ数 608ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 <単行本>1980年3月 光人社。<文庫本(三分冊)>第1巻 1994年1月 光人社NF文庫、第2巻 1994年4月 光人社NF文庫、第3巻 1994年6月 光人社NF文庫。

著者紹介

著:亀井 宏(カメイ ヒロシ)

1934年生まれ。1964年、文芸誌「新潮」に小説を発表し、作家デビュー。1970年『弱き者は死ね』で小説現代新人賞を受賞。30代半ばより太平洋戦争に関する調査を始め、戦場体験者の証言を訊くために全国をまわる。1980年、4000枚の労作『ガダルカナル戦記』(本書)で講談社ノンフィクション賞を受賞。著書に、『ミッドウェー戦記』『ドキュメント太平洋戦争全史』(ともに講談社文庫)、小説『佐助と幸村』(講談社文庫=『真説猿飛佐助』改題)、『弱き者は死ね』(廣済堂)、『尾張の宗春』『踊る一遍上人』(以上、東洋経済新報社)、ノンフィクションに『戦時少年ヒロシ』(光人社)、『東條英機』(光人社NF文庫)などがある。

オンライン書店で見る